読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

フェイスブックは腹黒い?

日常

ちょっと立ち寄った図書館の雑誌コーナーで目にとまったので、つい手にとって読んでしまったのが「ニューズウイーク日本語版」の最新号です。この表紙のインパクトは強烈でした。
f:id:fpclu:20120604133419j:image:w360:right
『腹黒いね! フェイスブック
巨額IPOで浮上したインサイダー疑惑・・・28歳の若きCEOザッカーバーグと世界最大SNSのモラルなき経営実態とは


今をときめく若きIT経営者と、登録者8億人超(諸説あり)の超巨大SNSについて、ニューズウイークの記事はボロカスに書いています。内容については、なるほどなあと思いましたし、個人情報の悪用で被害を受ける可能性が高いかもしれないという印象も受けました。しかし、だからと言って即刻登録抹消しようとまでは思わない私です。


そもそも、ネット上の様々な仕組みを利用し始めた時点で、情報漏洩を防ぐ手立てなどあり得ないと私は思っています。「所謂危ないサイト」を利用していなくても、セキュリティソフトを常駐させていても、完全防衛は不可能と思っています。なので、情報が悪用されて、現実生活上の被害を受けていないかどうかをいつも疑ってかかるという生活姿勢を維持することが必要だし、それしか対応策はないのではないかと考えています。


広く利用されているものというのは、その利便性や安全性を含めてクオリティが高いゆえに広まるのだとしても、広まるほどに悪用されるリスクも高くなるものです。「みんなが使っているので安心」と「みんなが使っているから危ない」は矛盾しているようであっても実は表裏一体と思うのです。


この表紙の写真をフェイスブックにアップすると、結構「いいね」が押されるのだとろうか、という素朴な疑問を抑えきれずについシャッター押しましたが、なんとなく直接アップするのは何か行儀が悪いような感じがしたので、ブログにしました。(記事のいいねボタンも押せない私です)


我々庶民としてひとつ確実に言えることは「みんながやっているから私もやる」という選択方法はやめたほうが良いということです。
自分で見て自分で考えて自分で決めることに目覚めるべきだというテーマは、現在の日本人にとって最優先の課題の一つだと思います。


この記事は、いいね! 悪いね! 普通だね!・・どうでしょうか?