独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

誇大広告を見つけたら!!

♬ウソぴょんは嘘つきで コダイは大げさで まぎらワシはまぎらわしい  広告で彼らを見つけたら JAROへ! ♬
・・・・このフレーズにお聞き覚えはありますか?
私は毎日ラジオから流れるこのCMソングが耳にこびりついています。

※「JARO」は「公益社団法人 日本広告審査機構」 の英文名 「Japan Advertising Review Organization」 の略称です
www.jaro.or.jp

そしてこのJAROのCMの直後、民間会社のCMが流れてきた瞬間に「あっ、JAROに連絡しなくちゃ!!」と思ったりすることが少なくありません。怪しい雑誌やネットとは異なりマスコミ発信のCMにはさすがに「ウソぴょん」はいなようですが、「コダイ」「まぎらワシ」は結構沢山生息していると思っています。化粧品、美容器具、健康食品、サプリメント、ダイエット商品のCMについては「ほとんどみんな怪しい」と私は思っています。(個人の感想です)
JAROのサイトにある審査状況報告によると、2019年度の審査依頼や苦情が寄せられた対象商品のトップは「デジタルコンテンツ」(多くがゲームなどのスマホアプリ)で、僅差の2位は「健康食品」だったそうですが、特に健康食品広告のおびただしい数とその表現の怪しさは私の印象では断トツ一位です。以前このブログで紹介したことがありますが、私が健康食品の多くを信用しなくなったきっかけは生物学者福岡伸一さんの複数の著書にある主張です。
ブログで紹介した内容を再掲します。以下、福岡氏の「動的平衡」からの再度の引用です。

コラーゲンは細胞と細胞の間隙を満たすクッションの役割を果たす重要なタンパク質である。肌の張りはコラーゲンが支えていると言ってもよい。ならばコラーゲンを食べ物として外部からたくさん摂取すれば衰えがちな肌の張りを取り戻すことができるだろうか。答えは端的に否である。食品として摂取されたコラーゲンは消化管内で消化酵素の働きにより、ばらばらのアミノ酸に消化され吸収される。コラーゲンはあまり効率よく吸収されないタンパク質である。消化されなかった部分は排せつされてしまう。一方、吸収されたアミノ酸は血液に乗って全身に散らばっていく。そこで新しいタンパク質の合成材料になる。しかし、コラーゲン由来のアミノ酸は、必ずしも体内のコラーゲンの原料とはならない。むしろほとんどコラーゲンにはならないと言ってよい。・・・
ついでに言うと、巷間には「コラーゲン配合」の化粧品まで氾濫しているが、コラーゲンが皮膚から吸収されることはありえない。分子生物学者の私としては「コラーゲン配合」と言われても、「だから、どうしたの?」としか応えようがない

更に、加齢で衰えた膝関節などに「効く」と言われるものについても・・・・

これと同じ構造の「健康幻想」は実は至るところにある。タンパク質に限らず食べ物が保持していた情報は、消化管内でいったん完膚なきまでに解体されてしまう。関節が痛いからといって、軟骨の構成材であるコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸を摂っても、口から入ったものがそのままダイレクトに身体の一部にとって代わることはありえない。構成単位にまで分解されるか、ヘタをすれば消化されることもなく排泄されてしまうのである。

・・・というのが科学者のまっとうな意見なのであります。TVCMに限らずバラエティなどで鍋料理をつついては「コラーゲンたっぷり、やだあー、お肌プルップル!」とかいうのを見るたびに私は大いに白けてしまうのです。

これに関連して最近気になっているのが「機能性表示食品」なのですが、その多くのCMで「トクホではなく機能性表示食品です」とわざわざ言っています。トクホとは「特定保健用食品」ですが、その違いな何でしょうか。

以下は「消費者庁HP」の記載からの抜粋です
まずは「特定保健用食品」(トクホ)

特定保健用食品とは、からだの生理学的機能などに影響を与える保健効能成分(関与成分)を含み、健康増進法第26条第1項の許可を受け、その摂取により、特定の保健の目的が期待できる旨の表示(保健の用途の表示)※をする食品。
※ 保健の用途の表示とは・・・「お腹の調子を整える」、「コレステロールの吸収を抑える」、「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」など

○食生活において特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行うもの。
特定保健用食品として食品を販売するには、その表示について消費者庁長官の許可を受けなければならない
○表示の許可に当たっては、食品ごとに食品の有効性や安全性について国の審査を受ける必要がある。

(太字は筆者)

では「機能性表示食品」は・・・

機能性表示食品
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたもの
ではありません
トクホは、専門家の意見を踏まえて消費者庁が審査しますが、機能性表示食品は、あくまで企業による届出だけで表示ができるため、この制度の食品を利用する場合には、信頼できる企業かどうかも重要です

要するにトクホは国が効能を確認したものだけど、機能性表示食品の機能については国は関知してませんからね・・・ということでしょうね。


大手有名企業が堂々と販売しCM展開をしているコラーゲンやらグルコサミンやらの商品はほとんどが「機能性表示食品」のようです。広告を読んでみると「コラーゲンを補給できる」とありますが「コラーゲンが再生される」とは書いてありません。しかし「飲んだ人には効果があった」との表示があり「出典」も記されています。その「実験?」の被験者数は30人でした。ふう~ん、そうなんだ・・・という感じですね。
そして利用者の満足度調査結果(もちろん全員に近い人が満足している)の表示があるのです。
まあ、利用者が満足しているというのだから、そして薬品にも健康食品にも「プラセボ効果」という効果があるのも事実なんですから「ソレデイイノダ!」ということなんでしょうね。

ところで私は筋トレを始めてから12年になりますが、その間、いろいろなサプリメント等に手を出しました。
プロテイン、HMB、BCAA、ECA、ビタミンB群、等々・・・。筋肉増強に関する様々な効能に関する記述を沢山見分しましたが、現在はシンプルにプロテインとECAだけに落ち着きました。もちろん、これらは「食べるだけで・・・」という機能はなく、あくまでもトレーニングと併用して初めて効果があるものです。色々試したものには殆ど意味がなかったものもあったようですが、それはお勉強だった、ということです。
「あらゆる商品は、まずはそれを売っている人たちのために存在する」という基本原理をいつも頭に入れて、できるだけ賢い消費者になりたいと思っています。

マイナンバーカードの悲惨

コロナ禍の様々な出来事から分かってしまった日本の残念な真実は数限りない。この経験は是非とも将来に活かしたいものです。(少なくとも自分自身の生き方に関しては・・)
残念なことのひとつに「給付金などの手続きのゴタゴタ」(またはグダグダ)があります。定額給付金のオンライン申請にはマイナンバーカードが必要だと知って、やはり持っておくべきだったと後悔したり、慌ててカードを作った人もいるでしょう。しかし、ここにきて事態が急変、簡便にスピーディに進むはずのオンライン申請より「郵送の方が早い」「郵送でお願いしたい」と言う自治体が現れた。また、オンライン申請は一時中断のところも・・・。

xtech.nikkei.com

オンライン申請に不備が多かったり、重複や不正防止のチェックに手間取ったりで、各地で手続きが滞り、実は書類申請の方が早そうだということらしい。もうこれはベタなコントかと思うような事態だ。国のやることはいつも×××××で×××、××が××だから××××なのだ。と言いたくなるのです(筆者自主規制 (^^) )


もう一つ奇妙に思うのは、定額給付金の申請用紙やオンライン申請の入力画面上には「給付を希望しない」というチェック項目があるらしい。なんだそれ?・・・そもそも希望していない人は申請しないのだから、希望するのかしないかを選択して表明する必要はないだろう、って思うでしょ普通。なんでも統計数値で管理したいとかいうことなのかも知れんが、申請の意思がない人の中には郵送しない人が多数含まれているはずだから、統計としても意味が無さそうに思うのですが・・・?なにしろ、この項目一つ加えたことで発生する不備や間違いや余分な手間のリスクを、事前に想定するひとはいなかったのだろうか?本当によおく考えて作成したんだろうか?実に不思議だ。


定額給付金のオンライン申請にはマイナンバーカードの保有が必須条件ですよね。だから持っていない私はオンライン申請は最初から眼中にありませんから、いらいらすることはないのです。ああよかった。
マイナンバーが国の一大政策・大事業としてスタートした頃、おそらく2015年か16年だと思うが、両親がマイナンバーカードを作る手続きに付き合って欲しいと言ってきた。ええ、そんなのやらなくていいのにと思ったが、駅そばの写真屋さんに一人3千円だか4千円だかを支払って証明写真を撮り、やる気満々の父母の要望なので、止む無く指定された区役所の出張所に一緒に出向いて行きました。確か大雨の日だったなあ!!


カード発行の申請書類を懸命に記入し、数十分行列で待たされてやっと手続き開始。その過程ではPCの画面を見せられ、タッチパネルの操作をさせられ、個人情報等を確認しつつ「パスワード」を登録しろと言われる。まあ、面倒くさいと思いながらなんとか設定、登録を済ませたが、我慢しきれずに私は担当者にお聞きした。「こんな複雑な登録手続きを90歳にもなろうという超高齢者が出来ると思いますか?」
すると彼は「そうですよね、私の親はやってません」との答えだったのだ・・・。ったくいい加減にしてくれと苦々しい気分になったのを覚えています。その後、めでたく送られてきた「ピカピカのマイナンバーカード」を両親が使った形跡は一切なく、母は亡くなり、父は要介護者となりました。


お金や手間が無駄になりそうな「利権創出」臭がプンプンのマイナンバーカードに、私はハナから反発しているので、私も家内も未申請のまんまです。よって、定額給付金の申請も書類の到着をただただお待ちしているという訳なのです。給付金を早く受け取れそうと思って、慌ててマイナンバーカードを作った人も少なからずおられるのでしょうが、私は今後とも持つつもりはありません。
利権構造の構築を目指して普及率を上げたい政府は、義務ではないカードの取得を迫るように国家公務員に圧力をかけましたが、それでも保有率は25%程度にしかならず、全国民ではなんと15%(2020年1月)と超低空飛行らしい。


やはり行政・官庁の得意分野は「定期航路の効率的航海」であって、新しい事業の展開には向いていないのでしょうか?残念!

ついに友人が犠牲者に・・・

先週初め、ある友人から携帯に入った電話に出た直後、私は暫く言葉が出なかった。その内容は、非常に近しく中学以来50数年付き合いのあった同級生の急死の知らせだった。その後の数人からのメールや電話で分かったのは死亡原因は新型コロナウイルス感染症とのことだった。


感染したことも入院したことも知らされておらず、「亡くなった」という情報だけが突然届いた。葬儀等は身内のみで済ませますということであり、僕ら同期OB達は一切のお別れを出来ないままです。新型コロナウイルスのほとんどの犠牲者と同じように、家族からも友人知人同僚からも隔絶された数週間をベッドで過ごして、そのまま旅だってしまったのだろう。なんというあっけ無く寂しく無慈悲な別れだろうか・・・・。


中学で同じクラス、かつ同じ部活だった彼の自宅は私の最寄駅から2つしか離れていなかったので、部活からの帰りは毎日のように連れ立っていた。初めて文庫本で小説を読み始めたのは彼のすすめだった。大学卒業後は弁護士としてとても活躍していた彼は同期連中の中でも目立つ存在であった。
仕事の上では、定年で新しく自分の事務所を立ち上げて再起動したばかりの彼だったから、ひょっとしたらコロナ禍のもとでも少々働きが過ぎたのかも知れないが、このあたりの事情はまだ何にも分からないままだ。


兎にも角にも「死ぬまで飲めるだけの健康を維持しようぜ!」と語り合っていた大事な飲み仲間を、突然にあっさりと失ってしまいました。
このウイルスの恐ろしさを身をもって知らせてくれたあいつの冥福を祈り、僕達は更に気を引き締めて日々を送って行かねばならんのです。残念です!

在宅趣味

仕事面では「原則面会禁止」「営業活動原則自粛」の状況であり、政府&東京都からの外出自粛要請にも素直に従っています。まじめで臆病な私は数少ない趣味の「居酒屋での談義(オッサン二人呑み)」も「サウナ付き温泉健康法」も封じられて自宅内にいる時間が激増しています。「仕方がないから映画で見よう」とブログに書いたのは3月初めだったけど、どういうわけかその後一本も観ていない。時間があるからと言っても、どうもそういう気持ちになれないのです。2時間前後の映画を見るには、ある程度のエネルギーと集中力が必要なのかも知れません。
同様に長編小説も中途で挫折してしまうし、何というか、集中できない、落ち着かない感じが続いているのです。しかし、観る・聴く・読むの中で少しだけだが得られたものもあります。


1:「TVドラマ」
下町ロケット再編集版」や「JIN-仁」の他、何本かが録画済となっている。またNHK大河ドラマを観るのは実に50年ぶりです。コロナ禍の影響で撮影が止まり「麒麟が来る」は6月で中断だそうで、先が気になります。(失言の岡村さんも残りそうだ)


2:クラシックのCD
60年代~80年代のクラシックやJAZZ分野のCDはとても安価で手に入るものが多いので助かります。(例えばブルッフ交響曲全集2枚組:1,170円也!)
自分なりに所謂定番的作品は概ね揃っていると思っていたけど、少し調べればまだまだ未聴の名曲はあるものです。ブルッフショスタコーヴィチシベリウスチャイコフスキー、ウラズノフの交響曲群と5枚ほどのJAZZのCDを買い足して、ウオークマンの中身を入れ替えました。新鮮な気分で聴いています。



3:短編SF小説
長編小説はどうにもハードルが高いようで何冊か中途挫折してしまった。(本棚に寂しそうに並んでいます)
ある小説家の方から長編小説を読むにはエネルギーが必要だと聞いたこともあり、今さらながら納得の感。でも、せっかくだからなんか読みたいなあ・・・と思って目に入ったのが創元社SF文庫の「短編SF傑作選」。数年前から本棚に眠っていたのをふと手に取って読んでみた。その中で特に気に入った作家の短編集を買って読んだというわけです。

7分間SF (ハヤカワ文庫JA)

7分間SF (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:草上 仁
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: 文庫

久しぶりにCD買って聞いたよとか、あのドラマ面白かったよとか・・・そういうよもやま話を語り合う飲み会を早くしたいものであります。

コロナ禍に考える:防衛費は誰のため?

補償と一体の休業要請を回避して、従順で穏健な日本人気質に寄りかかり、あくまで「自粛」を強要し続ける政府。居酒屋さんとかは本当にやってられない状況でしょう。私は地元の焼き鳥屋さんでのたまにテイクアウトするくらいしかできませんが、焼け石に水で心苦しいです。
こんな時こそ得意の「お札を刷っちゃう」マジックでも使って大盤振る舞いしてくれないかなあ・・・、国の財政状況の真実など知りようもない私はそう思うのです。そして巨額の防衛予算・国防費のことも考えてしまうのです。国防国防と言うけれど、日本の防衛費にはアメリカ製の武器・戦闘機・ヘリなどを買わされる代金が沢山たくさん含まれているらしいではないか。一機100億円以上する米製の戦闘機を数年で百数十機も購入するとか、年間2000億円ほどの思いやり予算在日米軍駐留経費負担)をもっと増やせと言われているとか、とにかく多額のお金を米国様に吸い取らているのだそうです。
www.tokyo-np.co.jp
日本においての国防とか安全保障とかいうのは、ひたすら米国のご機嫌を損ねない忖度政策ばかりと素人ながら思っております。
今や「おらがくん」となってしまった米国の都合によって発生する国際紛争に付き合わされるかもしれない状況を「日本の国防」と強弁される。
米軍の下請け化を推進するばかりの自衛無き国。
お隣の大国にあっちこっちの土地の権利や治水権を抑えられつつあると言う事実。
韓国や台湾が時々放つ革新的施策も「上から目線を維持するために」意地でも取り入れないガキっぽさ。
発がん性物質が残る小麦を営々とかの国から大量に輸入し続ける。
食料自給率をどんどん減らしてしまう、農林水産業を大事にしない国。
子どもを大事にしない、教育に金を掛けない、文化・芸術を軽視する非近代国。
・・・いくつでも出てくるね、情けない限りの安全保障体制の脆弱さは恐ろしい限り。

国防の基本は食料、水、国民の健康ではないかと思うが、我が政府は戦争の下請けと武器の押し売り受容ばかり。
何とかなりませんか!

コロナ禍に考える:ソーシャル・ディスタンス

「ソーシャル・ディスタンス(ディスタンシング)」も「社会的距離」も昨年までは聞いたことも無い言葉だったけど、このご時世では誰もが知っているはず。一部に今もこれを知らない人または知らないふりをしている人が存在し、夜の繁華街に繰り出しているらしいし、某週刊誌によればある色街のソープランドには多くの常連客が「店を救うんだ!」と「出動」しているとのことだ。聞くだに恐ろしい「距離=ゼロ」というか「濃厚接触するため」に行くのだから驚くばかりだが、これが社会の現実というものなんでしょう!
f:id:fpclu:20200506124900j:plain
新型コロナに見舞われる以前の「平時」からのことですが、私はこの「他人との距離」にはかなり敏感な人間です。例えば電車の座席で隣に座るオッサンや兄ちゃんが、何故だか平気で両足をビローンと開いていると、腿と腿が触れて物凄く気になります。(女性にはそういう人はまずいません。)向こうはそんなことは全く意に介さずで、気楽なもんでしょうが、私は一人でイライラしつつ懸命に両足を閉じています。「嫌なら立てよ」と思うかもしれませんが、こちらに何の責任も無いのに席を立つなんて悔しいではないですか!これまたかなり抵抗を感じるわけで、我慢して座っているのです。


臨時休業からの復活を切望している日帰り温泉でも、私は他人との距離が結構気になっていました。朝の日帰り温泉は基本的に空いていて、洗い場の席10分の7くらい空いています。それなのに、ああそれなのに、何故か私の隣にどっかと座ってくる裸のオッサンまたはジイサンがいるのです。「はあああっ、隣もその隣も空いてるだろうが、なんでそこだよ!」この驚きと苛立ちは、こんな連中には知る由もないのでしょう。この感性の鈍さ、距離感覚の無さ、私には全く理解できず心から不思議に思うのですが、これまた社会の現実というものらしい。私の場合、こういう時には心の中で(ここには書けないような)罵詈雑言を吐いて、とりあえず気持ちを収める、あるいはその場から離れます。だってそれしか避けようがないからね。


人はみな自分勝手なものだから、私はこの感覚が普通のものなのだろうと根拠なく思っていますが、実際はどうなんだろうか?? 対人間隔を感じるその距離感は人それぞれ、ひょっとすると1mの距離があっても、気持ちが悪いと感じる人もいるのかも知れません。どこまでが通常の神経でどのあたりが「異常心理」とか「心の病」なのかわかりませんから。多分世間にはそんな超敏感な人がいるのだろうし、そんな人が都会の密集空間を行き来せねばならない境遇だとしてら、全身総毛立つような思いで日々を送っているとしたら、本当にお気の毒です。想像するのも苦しいくらいです。
だから、私自身の対人間隔を気にする気質(器質?)のことはさておいても、やはり他人とすれ違う時とか、否応なく密接になってしまう場所・場面にあるときには、できるだけリーズナブルと思える距離感を保って接するようにしよう、と改めて思う今日この頃であります。

コロナ禍に考える:日本国憲法

5月3日は憲法記念日!今年の憲法記念日はウイルス禍の危機的状況にある私たちにとって、例年以上に「日本国憲法の意義」について考えるチャンスではないかと思います。我ら国民が困難な状況に陥ったとき国は守ってくれるのか、という素朴な疑問を多くの国民が胸に抱いているこの時期だからです。
自国製憲法の制定をと主張して憲法改正を目指す自民党とその周辺。議論は必要だが拙速な改正はいかんと言い続ける野党各党。


ふと思い立ち、おそらく正反対の主張だろうと思われる毎日新聞産経新聞の社説を読んでみました。
《毎日社説からの抜粋》・・・緊急事態条項は一歩間違えれば、基本的人権の尊重など憲法の大事な原則を毀損(きそん)する「劇薬」にもなる。
mainichi.jp


産経新聞社説から抜粋》・・・憲法には緊急事態条項が必要だ。前もって法律で具体的に準備しきれないような広範かつ甚大な災害への備えだからである。
www.sankei.com

では国民はどうか・・。
直近のNHK世論調査結果は「改正が必要」が32%で「改正は必要ない」が24%「どちらともいえない」が41%とのことです。NHKによると一昨年の結果は「必要」が29%「必要はない」が27%と賛否がきっ抗していたが今回は「必要」が「必要はない」を上回まった。その理由については「日本を取りまく安全保障環境の変化に対応するため必要だから」が50%と最も多いのだそうです。
しかし私は「どちらとも言えない」が最も多くて41%ということの方が重要だと思いますが、いかがでしょうか?
要するに「よくわからん」が多くの国民の本音ではないのかな・・・このホームステイウイークに、そうだ記念日だから憲法について考えよう! と思う国民はどれほどいるのか・・・??


私は以前から憲法改正の議論はするべきだと考えています。なぜなら、日本の統治機構の在り方を色々知るにつけあまりにも憲法がないがしろにされていると思うから。また、国民自身が憲法によって自らの権利や自由を守ろうという意識があまりにも無いように思うからです。だから、憲法についての議論をするため、憲法についてきちんと向き合うところからスタートするべきと思うからです。そして、今の政府、今の国会議員、今の市民の状況では、実際に改正を行うのは不可能だとも思っています。
だってみんなよくわかっていないでしょ! ということです。


少し虚しさを覚えたとき、この話、以前にも書いたような気がするなと思った。そう、9年前に日本が大震災と津波放射能に怯えたあの年だ。2011年の憲法記念日の拙ブログを振り返ってみると・・・・・
「今年の憲法記念日はこれまでになく「普通の国民が憲法を意識する絶好の機会」ではないかとも思います。」と記していました。その後しばらくの間、そして数年後の有事法制問題の際には、憲法学者の発言などが注目されたり関連書籍の出版などで多少の盛り上がりはあったものの、我ら一般庶民が憲法と一層向き合うようになったかというと、どうもそうは思えません。国会議員と僕ら国民とどっちが大切だと思っているのだ!とか、こんな時に庶民を救うことが最優先だろうが!と怒ったとしても、このコロナ禍が収まった数年後には、またいつものとおり日本人はこの経験をすっかり忘れてしまいそうです。

憲法を全く読んだことがないという方が居られたら、とりあえず次の条文だけを心に留めていてほしいと思います。
◆25条の1:すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する。
◆99条:天皇または摂政および国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。


これが日本国憲法の真髄、国家が国民を縛るための道具でなく、国家権力を律するのが現代の憲法なのですから。