読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

ラーメン食べ初め

今年のラーメン食べ初めは京王線府中駅近くに昨年開店した「府中家」さんでした。このお店は京王多摩センター近くに10年ほど前からある「たま家」さんの店主が出した(多分3件目)の横浜家系(いえ系)ラーメン店です。


「家系ラーメン」についての蘊蓄は数あるラーメンブログにお任せしますが、家系でも色々な味があるという話を少しだけ・・・。
同じ家系であっても私が30歳前後のころに週3くらいで通っていた本家「吉村家」の直系もあれば、その弟子のそのまた弟子などが各地に展開して引き継いでいるのであって、また世代もすでに2世代3世代くらいの変遷を経ているのですから、お店によってその味はかなり異なっているわけです。
f:id:fpclu:20120108150313j:image:w360

食べ初め「府中家」のラーメンはスープがトロトロ(ドロドロではありません)な感じで、食べている時はうまいのですが、スープを飲み干すとなにかが後々まで残る。なんだか分からないが、どうも「食べ過ぎた感じ」がしばらく残る。
脂がくどいのかなあ。親店の「たま家」さんでもいつも「脂少なめ」で注文しているのだが、それでもくどさみたいなものが残るんです。今度思いきって「脂抜き」を頼んでみようかしら。ところが、人様のブログなどを見ると「ここはあっさり系ラーメン」だと書いてあったりするのです。


思えばラーメン二郎だとか、最近の家系店など、若い人が並んでいる店のラーメンはどうやら「コッテリコテコテ系」が多いと思われます。
どうやらこれは私の加齢による好みからくる違和感なんだろうな、と思う次第です。脂は体内に充分蓄積されているからなのでしょうか・・・??(^_^;)
以前流行っていた「背脂チャッチャッ」なんてとても無理!


同じ家系でも、今私が一番好きなのは前にも書いた「高根家」さんですが、ここについても「さっぱり味」だとのコメントが結構多いようです。
f:id:fpclu:20110805113800j:image:w360
数年前に本当にあっさり味ラーメン店の店主さんから「若いお客を呼ぼうとするとどうしても『脂に頼る』傾向になる。」と聞いたことを思い出します。
そう言えば昔、本家の「吉村家」に通っていた時に、50代くらいのタクシーの運転手さんが、あんな脂っこいの食ったら腹こわすと言っておりました。


子どもの頃、4つくらい軽く平らげていたお雑煮のお餅も、今は2つだものなあ。
歳相応の食生活と健康づくりを考えて今年を過ごしたいと思います。