読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

もう半分

古典落語の題名ではありません。今年ももう半分過ぎちゃったんですね・・・。
「時の流れを速く感じる」という類の記事が非常に多いことは自覚していますが、ついつい書いてしまいます。5月1日にも「3分の1過ぎました・・・」と記していました。


速いとか遅いとかは感覚的なことなので、以前は「速い!」と感じていた速さにも身体と心が慣れてしまえば、さほど感じなくなるのではないかと思うのですが、「時の流れ」に限ってはどうもそうはならないようなのです。


ふと仕事について顧みると「あれもやってない、これもやってない、ああ、あのひとにメールをしなければ、おお、こいつを忘れていた!!・・・」など、達成感ならぬ「未達成感」が常に頭の中を支配しており、なんて駄目なヤツなんだろうと自省するばかりの毎日です。だから速いと感じるのだろうか・・・??


「朝起きると、どうしても今日中に片付けなければならない仕事が頭を埋め尽くす」などというストレスフルな毎日も大変だろうと思います。仕事のストレスで病に落ちるビジネスマンも後を絶ちません。
しかし私のように「何をやるか、どれを優先するか、頑張るのかまたは諦めるのか・・」の決定権がかなり自分の裁量に委ねられている自由業的な仕事も、逆の意味でストレスに満ちています。
「自由という不自由」「自由からの逃走」という概念が哲学で語られるのは、こういうことなのかあと思ったりします。


ま、言い訳はともかく、「今日も一日誠実に、真面目に、楽しく、生き生きと、人生の一コマを全うします!」と天に向かって誓った朝でした。ふう・・・・。