読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■不動産コンサルティング

ライフプラン

某コンサルティング会社との提携活動がスタートし、勉強会+懇親会に出席。
このコンサルティング会社に所属するコンサルタントのひとりである1級建築士(しかも構造計算のプロ)が講師となり、マンションや戸建住宅の耐震性や品質についての講義がありました。


最近問題となっている構造計算偽装事件が発覚する以前から、テレビなどでも「欠陥住宅問題」は日常的に取り上げられていましたが、想像を絶するような不適切設計や杜撰な施工、インチキ建築物は実際に後を絶たないようです。


私も以前からしつこく言っていることですが、日本人の「自分だけは大丈夫」と思いたがる傾向、人が良いでは済まされない程の「リスク意識の希薄さ」が問題だと思うのです。
製品やサービスを提供する業者、適正な取引を監視する行政などのその場しのぎの姿勢や無責任さ、すべてがあまりにも軽いです。その上に、利用者、消費者が軽いのでは、もうどうにもなりません。


自らの利益を得るために、少しだけお客を騙す、ほんの少しだけ騙すくらいはいいだろうと勝手に自分を納得させて、ちょっとだけ騙す。例えば住宅の建築、販売の前段階の全ての業者が少しずつ犯すちょっとしたインチキも、それらが重なれば立派な欠陥住宅が出来上がってしまうことになるでしょう。


不動産コンサルティングは「土地の有効利用で資産運用することのアドバイス」や「優良不動産物件の紹介」などの前に「キチンとした不動産を見つけるノウハウの提供」であるべきでしょう。
業界を問わず、本物のコンサルティングの必要性がいよいよ欠かせない時代であることをまたまた再認識した勉強会でした。