読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

ブラウンVSフィリップス

長年使っていた電気カミソリの切れ味が落ちて来たので買い替えを決意。
夏場は朝起きて顔を洗っても、すぐに汗ばんでしまうので電気カミソリでは剃りにくく普通のカミソリを使いますが、冬場はやはり電気式が便利です。
ブラウンなどのHPでは電気式シェーバの切れ味が悪くなった時には替え刃を交換して下さいと記されています。(18か月が目安だそうです)


このブラウンは8年目くらいですが、本体に不具合が生じた訳でもないし、電源コードをつないで使っておりバッテリーの問題でもありませんので、替え刃交換も選択肢です。


しかし、この替え刃のお値段が問題です。外刃(網刃)と内刃をセットでは高いところでは7000円くらい、価格COMで調べた最安値でも4200円なのです。2万、3万円などの高級機種ならともかくも、私のシェーバーは5000円くらいで買った普及品クラスです。
替え刃の値段にほんのちょっと足せば本体一式新品が換えてしまうのですから、替え刃交換の選択肢はあり得ませんね。


そこで、買い替えということになり3代目となるブラウンを買おうと思っていたのですが、ちょっと変えてみようかなという気持ちになって、ネットで情報収集をしました。
f:id:fpclu:20120304124338j:image:w360:right
これまで使っていたブラウンのような往復式(写真左)が良いのか回転式が良いのか、商品レビューやらなんやらでも意見は分かれており、どちらが良いとの確証は得られません。
私はこれまでおそらく20年くらいブラウンの往復式だったので、今度は回転式を試してみようと考えてアマゾンで購入したのが写真右のフリップスでした。


結果は今のところ大正解です。初めて使う回転式なのでシェーバーの動かし方、肌に押しつける力の強さなどが異なりはじめの数日は少々戸惑いましたが、慣れてくるとなかなか良い使い心地です。コツは強く押し付けないことという案内に素直に従ってやんわりと接触面を少し回転させながら剃るのですが、結構深ぞリができています。使ってみないと分からないものって結構あるのですね。


ところで、この買い替えたシェーバーの価格は3800円でした。(新発売当初は7000円くらいだったようです)ブラウンの替え刃より安く買うことができました。なんだか不思議な感じですが、これは市場競争原理がもたらす消費者の利益のひとつなのでしょう。


競争のほとんど無い日本の電力業界などに目を転ずれば、本体は最上級機種をしかも定価で買い、頻繁に替え刃交換を余儀なくされ、なおかつそれも定価で買わされ続けているという感じになっているのでしょうね。やはり独占はいけませんね。