読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

筋トレ1年続きました!(中)

日常 ライフプラン

・・・というわけで、1年続いた筋トレの、その成果についてです。
何らかの目的意識をもって何かを継続して行うためには「成果を実感すること」はかなり重要です。私の筋トレの場合も比較的早い時期にちょっとした気づきがあったことは幸いだったと思います。

気付いたのは筋トレ開始から3、4か月経った秋のころでした。ある日、JR駅の改札でスイカ(SUICA)を取り出そうとしてジャケットの内ポケットに手を入れようとした時に、自分の胸の筋肉のふくらみを感じてしまったのです。男なのにあらら・・・結構付いたのかな?


「ビフォア・アフター」の写真を撮っていたわけではないので証拠はありませんが、多分少し筋肉はついたのです。日頃園児を抱き上げたり、芋ほりやら動物の世話やらで体力は付いたはずの息子(26歳)に腕相撲を付き合ってもらったところ、勝ちましたし・・・・。
それ以来、用もなくときどき胸に手を当てては、ひとり悦に入っているという、他人が知ったらかなり気持ちが悪いであろう振る舞いの毎日を送っています。もちろん鏡で大胸筋を毎日見ております。


さて、筋トレの成果を実感できるようにするためもあって、比較的大きな筋肉を中心に鍛えるようにしていますが、これは結果として基礎代謝を上げる効果も大き目である点で理にかなっているようです。大胸筋、太もも、お尻の筋肉などは必ずメニューに入れるのがよろしいのではないでしょうか。


石井直方先生の教えによれば、筋トレの後に有酸素運動を行うのは脂肪燃焼効果が絶大であるということなのですが、さすがに毎朝「筋トレ+ジョギング」のメニュウをこなす余裕はありませんので、車を使わない外出時に万歩計をポケットに入れて隣の駅まで歩くとか、1万歩目指して歩くようにしています。大江戸線の乗り降りにエスカレーターを利用しないのは結構効果あり!


今日はたまたま気分が乗ったので隣町の市営プールで40分泳いできました。増強された大胸筋のおかげで、クロールもすいすいと進んでいる様な気がして、気持ちよかったです。もちろん気のせいですが。  週に2日泳げば結構な運動なのですが、運動だけが人生でもないしねえ。


有酸素運動は大してやっていませんから、今の段階ではおそらく体脂肪は減っていないでしょう。食事制限も全く行わず、「筋肉つけたい!」という意識のせいもあって、かえって肉類を結構食べております。お酒も全然セイブしないし・・・。
結果としてこの1年で体重は約1キロ程度「増え」ました。そのうち700グラムくらいが筋肉組織であることを信じている私です。


「運動中は全く脂肪を消費しない筋トレだが、エネルギーの最大消費者である筋肉を増やす」
「筋トレによって分泌される成長ホルモンが脂肪を分解する」
「脂肪を分解した状態での有酸素運動が効果的であり、小刻みでも効果がある」
「何といっても何もしないでエネルギー消費する基礎代謝がアップするのだ!!」
これらを信じて、毎日楽しく行う筋トレをできれば生涯の習慣にしてゆきたいものです。


具体的なやり方は「To Be Continue」