読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■構造計算偽装【疑惑】マンション

急遽、記事を変更して、今日はこの話題に致します。

「安倍総理殿、国家に巣食う者を弾劾致します」 平成18年10月20日

安倍晋三総理大臣、長勢甚遠法務大臣但木敬一検事総長、東京地検の皆様、そして、官僚、政治家、マスコミ、関係業者、そして国民の皆様

イーホームズ株式会社 代表取締役 藤田東吾
 
 安倍総理大臣に置かれましては、日頃ご公務ご多忙の中、本日の、私からの通報を受け付けて下さり、誠に有難う御座います。深く感謝の意を申し上げます。

 私は、今日の午前中、川崎市内のマンション(エグゼプリュート大師駅前)と、設計事務所のアトラス設計の、二つを訪ねて来ました。何れにおいても、この度の「耐震偽装隠蔽事件」を解き明かす上で、とても重要な証拠となるからです。
 私が解き明かしたいものは、一部の官僚と政治家が、国民の命と財産を軽視して、癒着業者とともに利権を死守しようと、違法行為を犯したり、または少数の弱者をスケープゴートに見立てて、不正を隠蔽するという国家体質を暴きたいのです。そして、この体質を日本から除却しなければ、子供達の為に明るい未来はないと信じているからです。
 よって、私は、以下の事実を記者クラブや国土交通省に隠蔽されないように、直接、安倍総理大臣にお渡し、事件の解明と住民の安全確保を早急かつ遺漏なき対応をお取り頂きますようにお願い申し上げます。

 まず、エグゼプリュート大師駅前は、建築確認の構造計算図書が偽装(改ざん、若しくは不整合)されていました。ところが、中間検査の直前の二日前に、計画変更が川崎市において下ろされました。しかし、工事は建築確認の図面のまま進行したものと考えるのが当然であり、計画変更によって偽装マンションが隠蔽された可能性が99%以上はあるものと考えられます。

【きっこの日記】で、掲載自由とありましたが、一連の主張の冒頭のみ引用します・・・。


このひとの発言(というより告発)の内容の真偽については私には確認する術がありませんが、どうにも無視し続けられない気持ちを抑えきれず、こうして関わることにします。


イーホームズ株式会社の代表取締役 藤田東吾氏は彼自身の逮捕の目的がより重要な耐震設計偽装の事案を隠蔽することであると主張しています。この主張が正しいかどうかは別としても、彼がきっこの日記でここ数日訴え続けていることは、もし本当ならえらいことなのです。
アパグループ」の2つのマンションが建設中断となって半年もそのままになっている事実とか、来月には購入者が引っ越してくるはずの新築マンションについて、藤田氏が99%偽装マンションの可能性があると言っていることなど、とても無視していいとは思えません。


耐震偽装の問題は人命の危機に直結する大問題です。少なくとも、一連の偽装事件の当事者本人が、このマンションは偽装マンションだと言っていることについてはなんらかの形で事実確認が成されるべきだと思いますが、どうでしょう。


真偽はさておいても、大マスコミが取り上げていないことにはかなりの「寒気」を感じてしまいます。
どうも、神奈川、大阪の選挙までは沈黙するという自主規制のにおい。マスコミは恐ろしいですね。