独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

今年もラグビー熱の冷めぬことを・・・

大学ラグビーの決勝戦早明戦)が今日午後、新国立競技場で行われ早大が11年ぶりで優勝した。
観客は5万7千人超の大観衆でしたが、その中に占める「初めてラグビーを観る」人の割合は近年最高だったのではないかと想像します。
私は昨年、初めてのラグビーW杯観戦を果たして「にわかに」俄かファンとなりました。60余年の人生で初めて間近に見たラグビーがトップレベルであったおかげで、それまで全くルールも面白さも理解できないままでいたラグビーに興味を抱き、その魅力が少しだけわかるようになった。私を誘ってくれた友人に感謝するばかりなのです。
様々な反則で見ていてわかるのは「ノックオン」位ではあるが、テレビでW杯を数試合観ているうちに「面白さ」は感じるようになっております。激しい競技だからこその厳格なルールや、審判に対する(比較的)真摯な態度、対戦相手を尊重する姿勢など・・・学ぶべきところは沢山ありそうです。f:id:fpclu:20200111164914j:plain

正月のテレビの特番で「ドラマ再放送」が非常に多かったのは、テレビ各局のお金の事情だそうだが、このおかげで昨年スルーしていた「ノーサイド・ゲーム」全部を録画することができました。先日の夜その第1話~5話まで一気に観て面白いと思えたのは、ラグビーの面白さを少しだけだがわかっていたからだと思います。
明日からはトップリーグがスタートするそうですが、なかなかチケットが取れないと聞きました。しかし、ラグビー界全体は決して楽な経済状況ではないようです。熱しやすく冷めやすい日本人ですが、昨年発生した多くのラグビー俄かファンが、少しでも多く本当のファンになることを祈ります。

2020ことはじめ サウナと担々麺

初詣済ませた翌日3日に地元国立温泉 湯楽の里で初風呂 初サウナでスッキリ。温泉入り口付近から西を見れば富士山がクッキリでなんとも良い気分!
f:id:fpclu:20200106193622j:image

風呂上がりの生中&枝豆を頂いた上で、帰り道での昼食をどうするか一瞬迷ったが、やはり初外食は私の定番にしました。

南京亭の坦々麺です。今のところ800円以下でありつける坦々麺としては、コチラがベストでしょう。
f:id:fpclu:20200106193432j:image

サウナでさんざん汗かいて、昼飯でも汗かきました。今年もこのパターンは続きそうです!

2020年ことはじめ・筋トレ&ジョギング

 

昨年の4月に始めた早朝ジョギングは、その後数カ月ほぼ週2~週3日で継続していましたが11月からの年末挨拶回り開始後は、何となく落ち着かないやら朝が超寒いら二度寝しちゃうやら出張やら気乗りがしないやらなんやらで、年末には週1程度にペースダウンしてしまいました。がしかし、間違いなく継続はできていて、ほぼ習慣化しつつあります。

f:id:fpclu:20200104084617j:plain

ジョギング開始の4月から体重が少しづつ減りはじめて、9月までに丁度2キロ減量となり、なんとも驚いたものでした。週に2回程度40分のジョギング(約半分は歩いているので正味ジョギングは20分程度)。たったこれだけのことで、食生活および飲酒生活はまったく変化なしでも5カ月で2キロ落ちる(多分脂肪細胞が減っているはず)のですから、人間の身体は面白いもんです。


年が明けて、トレーニングはいつ始めようかなと考えてみたら、特に何もすることがなく「今でしょ!」となったので2日の午後に筋トレ40分&ジョギング35分のセットを実行しました。

f:id:fpclu:20200103143226j:plain

「筋トレ直後に有酸素運動」は黄金セットですからね!!
天気も良く、非常に気持ち良いことはじめとなりました。

 

2020ことはじめ


f:id:fpclu:20200103080630j:image

あけましておめでとうございます!

元日明けて2日の午前中に、地元・谷保天満宮にお参りして家族みんなの安寧を祈願しました。今年は思いのほか空いていて少し拍子抜けした初詣です。

歳を重ねる度に年々「特別感」が薄くなった年末年始、ガキの頃は意味もなくワクワクしていたのはなんでだろー?!

紅白はパプリカと2億4千万の瞳しか見なかったし、笑ってはいけないも20分で疲れちゃった。なんでだろー?

だけど元日は息子ら家族が全員集合してくれて、孫三人の成長も楽しく、しみじみと幸福を実感出来た良いお正月となりました。感謝しかありません!

さて今年は我がブログの更新を少しはマメにしようと思いますが、どうなることか。

皆さんのご健勝お祈りいたします。

 

2019年個人的備忘録(人様のお役には立てません)

弱小ながらもブログをやっている以上は「今年を振り返って」の記事くらいは書いておこうと思う。
◆1月・・母の一周忌執り行いお寺のある仙川駅近くのレストランで家族で昼食f:id:fpclu:20190127130751j:plain

◆2月・・父親の「要介護3」維持されてホットする(在宅医療訪問医の先生の力は大きい)

◆3月・・奥歯のすり減りは就寝中の歯ぎしりが原因と診断され、マウスピース装着を開始、違和感を何とか乗り越える

◆4月・・ほぼ10年ぶりに「ジョギング」を再開、継続を最重要視して「気軽に無理せず」を堅持して習慣化に成功

◆5月・6月・・・特になし・在宅介護の父との夕食、時々宿泊、合間にお仕事、時々飲み会、趣味のトレーニングとサウナでリラックスの日々

◆7月・・転職(商社勤務⇒保険営業)して「まる30年」の節目、関係ないけど25年ぶりにゴルフ練習をこっそり開始

◆8月・・天橋立を初訪問、久しぶりの「ベタ観光地」を体験。これでやっと厳島神社・松島を合わせて日本三景を制覇した!f:id:fpclu:20190819123925j:plain

◆9月・・ジョギング開始5カ月で就職して以来の最低体重を記録(66.3K)ちなみに最高は10年前の78Kなり

◆10月・・人生初!ラグビーW杯を観戦(仏VS米)友人の穴埋め依頼で博多まで同行し「一生もん」の思い出となった。もちろん「にわかファン」となったf:id:fpclu:20191002171735j:plain

◆11月・・人生初!山形県に足を踏み入れる、仙台から50分で行ける「山寺」参拝は結構お勧めf:id:fpclu:20191116095920j:plain

◆12月・・久しぶりの札幌で初体験は「藻岩山ロープウェイ」「市電」「大通りのイルミネーション」
f:id:fpclu:20191216163948j:plain

あっと言う間の1年ではあったけど、結構初体験もあった年だ。

筋トレを始めようかな~と思っている皆さんへ

一念発起して自宅で筋トレを始めたのは2009年の7月なので今夏でまる10年となります。何事につけ必ず入門書を読むことから始める習性の私が最初に読んだのは、その世界では超有名人の筋肉博士のこの著書、いわゆる「スロートレーニング」の指南本でした。(ダイエット本というより筋トレ推奨本です)この石井教授は、私の高校の同級生の小学校時代の同級生であったことを後日知ったという、不思議な縁でもあったのです。 (友達の友達だけど友達ではない・・)

一生太らない体のつくり方

一生太らない体のつくり方

 

 書籍の内容に大いに共感をおぼえ、絶対に筋トレを始めなくてはならぬ、と強く思ってまず購入したのが下の画像のダンベルです。もちろんこれを2つ合わせて一対で使用します。重さは一つ約4kgです。これを使うのは主に胸、腕、肩の上半身ですが、スクワットや腹筋(シットアップ)などで加重するのにも使えます。

f:id:fpclu:20190113135436j:image

初めてのダンベルプレスではこれが結構重く感じられていたものですが、10年目となる今年は下の画像のもので、約10.5kgあります。私の筋トレの目的は筋肉を増やすことなのですが、このダンベルの重量差を克服するだけの筋肉が増えたということでしょう。身体の変化を写真で記録し続けていますが、ここではもちろん自重します。(公然×××になる?)

f:id:fpclu:20190113135449j:plain

ダンベルはプレートを取り換えることで重量を替えられるので大変便利でコスト面でもリーズナブルです。4kgから始めて数カ月ごとに500gとか1kgとか小刻みに増やしてきてようやくここまで来たという訳ですが、多分このペースは相当に遅いのだと思います。成人してからは殆ど運動習慣のない私が50歳代から突然筋トレを始めて、一生涯の習慣にするのであって、ともかく継続することが最重要なのですからこれで良いのです。残っている1㎏のプレートを両側に追加して最大12.5kgとなるのは何年後でしょうか?(↓↓ 左から0.5kg、1㎏、1.25kgのプレートです。)

f:id:fpclu:20190113135351j:plain

↓↓ 開始から4年目~5年目くらいはたしかこんな感じ・・・。

f:id:fpclu:20190113135420j:plain

さて、10年前に筋トレを是非とも始めようと思った理由と、そして現在の筋トレの目的は次のようなことです。

 1)健康体で老後を迎える

 2)転ばない脚力を維持

 3)免疫力増大でガンに対抗

 4)内臓脂肪を減らして成人病予防

 5)老けない外見を維持

 6)逆三角形体型となって孫に褒められる

 7)一生お酒を飲める状態でいる

この中で一つだけを選べ、と言われれば「死ぬまでお酒を飲める」ことかも知れません。しかし、実はこの最大の目的の「お酒」は筋トレの強敵であるようなのです。アルコールの摂取が筋肉の破壊につながっていることは科学的事実なのであって、ほぼ毎日飲酒の私は矛盾を抱えた筋トレ生活をしていることになるのです。

では筋肉をつけるためにお酒を控えかと言えば、そんな「本末転倒」なことは私は決してしないのであります。枝豆のタンパク質が筋肉細胞を作り、ビールのアルコールがそれを妨げる、なんと悩ましいことか! (次回は筋トレの実際を書きます。)

f:id:fpclu:20190103110508j:plain