読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

それぞれのおやじ

あまりメジャーとは思えない「父の日」は6月の第三日曜日らしい。
父の日で思い出したのは高田渡さんの初期の傑作「系図」です。

♪ 僕がこの世にやってきた夜
おふくろはめちゃくちゃに嬉しがり
親父はうろたえて質屋に走り
それから酒屋をたたき起した
その酒を飲み終えるやいなや
親父は一生懸命
ねじり鉢巻き死ぬほど働いて
死ぬほど働いてそのとおりくたばった ♪

・・・小説の書きだしのような、しみじみしたいい唄です。


次に浮かぶのは、吉田拓郎さんの「おやじの唄」

♪ おやじがすべてだなんて 言いませんよ
ぼくひとりでやった事だって沢山ありましたよ
一つだけ言ってみたいのは
おやじが人を疑うことを教えてくれたこと
おやじは悲しいくらいに強い人でしたよ

(人を裏切ることを教えてくれた
人を愛することを教えてくれた
生きるということを教えてくれた)
(その親父は誰にも見られずに死んだ・・そして最後の歌詞は・・・)

♪ 死んでやっと僕の胸を熱くさせてくれましたよ

・・・拓郎さん自作の歌詞です。



次に思い出したのが(すべてが古いなあ・・・)陽水さんの「人生が二度あれば」

♪ 父は今年二月で六十五
顔のしわは増えてゆくばかり
仕事に追われてこのごろやっとゆとりが出来た
♪ 父の湯呑み茶碗は欠けている
それにお茶を入れて飲んでいる
湯飲みに写る 自分の顔をじっと見ている
人生が二度あれば この人生が二度あれば・・・・・

・・・それぞれ天才シンガーが若い時に、それぞれの父親を思いつつ唄ったことでしょう。
様々な思いを込めて。
そして、渡さんは、その歌詞のとおりくたばってしまい、拓郎さんと陽水さんは、ご自身が親父さんの年齢を超えて現役で活躍中です。

なんてことを思いつつニュースを見れば、父の日にもらってうれしいものアンケートというのがあった。
その結果、第1位の食事、2位のお酒類に続く3位は・・・「メールや手紙をもらうこと」なのだそうです。
男ってのはかなりのロマンチストなのかも??  
あるいは、♪ おやじはみじめなくらいに一人ぼっち(詩:拓郎さん)   なのかしら・・・
f:id:fpclu:20150619101315j:plain