読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

黄金コンビ+鬼才=何これチョー面白い!

ああ、久々のブログの更新だ。
純粋に書きたいと思うネタが見つかったので、今日は映画のご紹介であります。
初めに自慢しておきたいのですが、私の誕生日は(年は違うけど)かの大俳優・ロバートデニ―ロ氏と同じなんです。いいでしょう??

10数年ぶりにレンタルビデオ店の会員登録をして以来、見るべき映画を求めてあれやこれやと観てきたが、無条件に「ああ面白かったああ~」という映画に出くわしました。私と同じ誕生日のデニ―ロさんと、おなじみマーティン・スコセッシの黄金コンビと手を組んで、あのリュック・ベンソンが脚本・監督をした「マラヴィータ」がその映画です。

マラヴィータ [DVD]

マラヴィータ [DVD]


私は恥ずかしながら大変な臆病者、暴力にはメッポウ弱いヒヨワ男子であり、映画などの暴力シーンも目をそむけることさえあるのですが、この映画の暴力シーンでは全て原因が明確で、つまりそれなりに理が通っており、正直爽快にすら思えます。
デニ―ロ扮する主人公の元・大物マフィア氏も、その妻も、娘も息子も、折に触れとんでもない暴力を振るったりするのですが、いずれも「まあしょうがないかな」と思える背景が示されるので、観ている方は単純に爽快感を覚えます。

そこまでやるかと思ったり、おお良くやったと思ったり、もっとやれやれと思ったりしつつ次第にこのギャングファミリーに肩入れしてゆく過程が楽しく感じて、コメディなのにちょっとリアル、可笑しいのに少しグッと来たり、スカッとしたりしんみりしたい、いやいや久々の高級エンターテインメントでありました。やっぱりデニ―ロさんは素敵ですな!(誕生日同じだよ!)

※しかし、この題名の付け方、不思議だなあ? 犬??