読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

サッカーは天国と地獄の紙一重

日本快勝、首位を奪回=最終戦、引き分け以上で出場権−サッカー五輪予選
サッカーのU−23(23歳以下)代表で争うロンドン五輪アジア最終予選C組のマレーシア−日本が22日に当地で行われ、5大会連続の五輪出場を目指す日本は4−0で快勝し、1試合を残して通算4勝1敗の勝ち点12とした。同組のもう1試合は、バーレーンがシリアに2−1で勝ち、両国は勝ち点9。C組2位だった日本は、シリアから首位を奪回した。(23日:時事通信)

前回シリア戦の敗戦でもう駄目かもなあとがっくりし、マレーシア戦で5−0くらいで勝利すればなんとかなるかもと思っていたら、若い代表選手たちは頑張りましたね。
アウェイ、高温、荒れたピッチと相変わらずの「アジア予選的」コンディションの中、プレッシャーもはねのけて、狙っていった大差での勝利をものにしたのは立派ですね。しかも、なんとシリアが負けてくれたなんて・・・。


しかし、一方、シリアに勝ったバーレーンは「奇跡の逆転でトップを奪取」に燃えて乗り込んでくるのでしょうし、サッカーは終わるまで分かりません。
「チームとしての力」もぐっとレベルアップしたはずの日本代表、今度は「絶対に負けない試合」を狙って頑張ってほしいですね。