読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

30年記念アルバム集を作った

音楽

青い空に放射能の気配を多少感じつつも、やはり食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、少しは心を開放させなければ人間は生きてゆけません。散歩しながら音楽を!


この夏結婚30年の記念に妻にプレゼントしたのは、デジタルオーディオプレイヤー(アイポッドでもウオークマンでもなくZENという機種)でした。
ただ買って渡すだけでは能が無いので(30年ですからね)、30年前に良く聞いていた音楽を含めて、約90枚のアルバムの曲をMP3ファイルにして詰め込みました。自宅のPCでリッピングと編集を少しづつやって、2カ月ほどで完成。
(ちなみにファイル数は1073、容量6.15GB、ビットレートは192kbps)


ほとんどはこれまでに買いこんできたCDからリッピングしましたが、思い出の曲であってもレコードしかないものとか、良く聞いていたけれどCDは持っていないモノなどについてはあらためてCDを買うことになりました。


初期のオフコースのベスト盤とか(秋の気配・・懐かしかった!)、ハイファイセット、エルトンジョンとかビリージョエルのベスト盤など、自分でもライブラリとして持っておきたいものでもありましたから、作業も楽しかったのです。結婚披露宴でカセットテープを持ち込み「新郎新婦の入場です」で流したのは、ビリージョエルの「オネスティ」だったし!


そんななかで私自身が最も気に入ったのがキャロルキングの「タペストリー」というアルバムです。

Tapestry

Tapestry


当時大ヒットした「YOU’VE GOT A FRIEND(和名:君のともだち)」「イッツ トウ レイト」などは私と同年代の人の多くは特にファンではなくても耳に残っているはずです。私もそんなヒットした2、3曲を知っていただけだったのですが、このアルバムを聞いて驚きました。「全部良い!」のです。


ベスト盤ではないアルバムで「全ての曲が素晴らしい」というのは、そうそうあるものではありません。
《ロック史に燦然と輝く名作中の名作。ひとりの女性の悲しみと苦悩を見事に表現したコンセプト・アルバムで、シンガー・ソングライターキャロル・キングの名を世界中に知らしめた永遠のベストセラー。》
という表現にもまったく異論はございません。本当に感服いたしました。
アマゾンのカスタマーレビューでも、27名のうち26名が5つ星を付けているという最高評価のアルバムです。


そして、この素敵なCD(新品)のお値段がこれまたビックリの881円なのですから、もう申し訳ありませんという感じ。
妻へのプレゼントは90枚のCDからリッピングし、プレイリストを使いやすくするためにタグも一部を書き換えたり、20通りくらいのプレイリストを作ったりでほぼ2カ月も掛かりなかなか大変な作業でしたが、最後に買ったこのアルバムのおかげで自分自身への記念にもなりました。大いに満足しております。


今、円高の効果もあるのか、輸入版のCD(特にクラシック、ジャズ、POPSの往年の名盤、定番CD)がとても安く手に入ります。(中古ではありませんよ)
たまにはじっくり、音楽しましょうね♪♪