読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

【我欲】の権化は誰か

石原知事「津波は天罰我欲を洗い落とす必要」
東京都の石原慎太郎知事(78)は14日、東日本巨大地震に関連し、「津波をうまく利用して『我欲』を洗い落とす必要がある」「これはやっぱり天罰」などと述べた。
石原知事は同日午後、都内で「震災に対する日本国民の対応をどう見るか」と報道陣に問われ、「スーパーになだれ込んで強奪するとかそういうバカな現象は、日本人に限って起こらない」などとした。さらに親が亡くなったことを長年隠し年金を不正受給していた高齢者所在不明問題に言及し、「日本人のアイデンティティーは我欲になった。政治もポピュリズムでやっている。津波をうまく利用してだね、我欲を1回洗い落とす必要があるね。積年たまった日本人の心のアカをね。これはやっぱり天罰だと思う」と語り、「被災者の方々はかわいそうですよ」と続けた。
・・・・その後の記者会見で「『天罰』は不謹慎では」と質問が相次いだが、石原知事は「被災した方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれませんが、と言葉を添えている」とした。(2011年3月15日06時18分 読売新聞)

さすがに、都知事選挙直前のこの発言はマイナスになるかなと思ったようで、少し印象を和らげるべく、上記末尾の言葉で言い訳をしたようですが、実際は発言していないらしい。

東日本大震災:石原氏「天罰」発言 「日本に対する反省のよすが」
 「天罰」発言について石原氏は、14日夕に都庁で行った記者会見で「『被災された方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかも』と(前置きで)言ったんじゃないですか」などと釈明したが、実際には発言していない。
発言の真意については「日本に対する天罰ですよ。これをどう受け止めるかという問題なんですよ。大きな反省の一つのよすがになるんじゃないですか」と持論を展開。「それをしなかったら犠牲者たちは浮かばれないと思いますよ」と述べ、撤回しない考えを示した。【15日毎日新聞】

天罰発言の石原氏は現職の東京都知事です。そして、『気力も体力もないよ』(10日産経ニュース:インタビュー)と語ったにも拘わらず、都民のため、日本のために奮起して再出馬を決断した都知事候補です。


まさに国難のこの時期に、こういうことを、堂々と発言する、実に勇気ある愛国者、と期待する人がこの人に投票するのでしょうか? 不出馬宣言で撹乱し、候補者の動向と世論の反応を見て、ギリギリのタイミングで出馬表明、松沢氏を巻き込みながらも最後にポイと捨てる。実に戦略的な智将だ。と考えて期待する人が投票するのでしょうか?


都民の私は、誰に投票するべきか非常に迷っている段階ですが、入れない候補だけはひとり決めました。