読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

何冊もの本を並行して読むこと

最近私のブログで「読書ねた」が少なくなっていますが、それにはちょっとした理由があります。ある本を読んでいて、まだ読了しない段階で別の本を読み始めてしまうケースが結構多く、今も読みかけの本がたくさんあるのです。ブログでの本の紹介は読了してからと思うので、なかなか読書ネタが書けないというわけです。


ミステリなどの小説本ではそういうことはありませんが、思想や経済や文化論などの本では最近そういう傾向が強いのです。今、もう止めたというのではなくなんとなく読みかけになっているのは「日本の統治機構」「戦後世界経済史」「日本の歴史をよみなおす」「日本という方法」「私にとっての20世紀」「アダム・スミス」「こんな日本でよかったね」「会社はこれからどうなるのか」および「猫島ハウスの騒動」(これだけが小説)の9冊です。


本が結構好きな私なのに、集中力が無く、読書スピードが遅いという悲しい性質だなあ、などと思っていた矢先、こんな本を見つけてしまいました。署名はなんと「本は10冊同時に読め!」
・・・・ううむ、これを買ってきて読み始めると本当に10冊同時に、になってしまう。なんだか落ち着かなくていやだなあ、と思う今日この頃です。あああ、もっと早く本を読みたい!!  11冊目に速読術の本を読むか・・・