読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

同期生の同期はみんな同期だ!!

日常

「みんなでひろげよう、同期生の輪っ」(このフレーズももはや懐かしい・・・)
6日の土曜日は高校の同期会でした。5年前と同様にクラス会を「全クラスに拡大」して、新宿某ホテルの会場で約3時間の大宴会です。


8クラス全体でOBの人数は約400余名、案内ハガキの発送が約350枚、住所不明の戻りが約15枚、実は亡くなりましたとの遺族の方からのご返信が2通、亡くなった人は(分かった範囲では)全体で9名・・・。なにしろ卒業後36年(!)が経過しているのですから、色々あるのです。
結局参加者は先生を含めて110名余りでしたが、それはそれは盛大かつ愉快な宴会となりました。


わが母校の同期生にはかなりのバリエーション豊かな人材が揃っていて、これはみんなの自慢でもあるのです。
パントマイムのプロがいるかと思えば、ある自治体の知事もいるし、弁護士、お医者さん、ホテルマン、学校の先生、文房具屋さん、建築家、銀行マン、コンビニ・スーパーの管理者、薬屋さん、老人ホーム施設長、保険屋さんまで・・・(つまりユリカゴから墓場?までの)あらゆる業界で実績を積んできた男達が多数集まっての宴会というわけなのです。


そういう感覚であらためてみんなを見渡せば、「壮観」とも言えるのです。(プロジェクトX〜僕らの同期生版)でも造れば結構面白いのでは・・・と思ったりしたのです。
男子校なので当然全員オトコの宴会、という点だけは少々問題かも・・・まあこれは仕方がありません。
今度女子高と合同でやるか・・・・いや、やはり相当面倒くさそうです・・・。


大勢の懐かしい顔には「オマエは一体誰なの?」というのもいないではないですが、概ね良く見ればあの頃の面影が徐々に浮かんできて、不思議なタイムスリップ状態になったころにはお開きとなるのです。
幹事の一人である私としては、約半年の準備の色々が実った3時間なのですが、終わってみればやはり「祭りのあとの寂しさ・・・」に胸キュンの心境です。
ついつい、またやろうね!と言い合ってしまうのでした。
次は、なんと、還暦じゃあああああああ!!



・・・ゼンペイさん、読んでくれてありがとう!