読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

地味なキムタク


武士の一分 [DVD]

武士の一分 [DVD]


【山田洋二監督・藤沢周平時代劇3部作の最後を飾る!】 は公式サイトのキャッチコピーです。
たそがれ清兵衛」で真田広之宮沢りえが好きになり、「隠し剣 鬼の爪」では緒方拳の堂々たる悪役ぶりや主人公の秘剣の使い方にうなり、さて話題を呼んだ木村拓哉の武士っぷりはどんなものか、とちょいとミーハー的期待感で見はじめた「武士の一文」でしたが、すぐに引き込まれて、結構面白く観られました。


藤沢周平氏著作の映画化であり山田洋二監督の渾身の時代劇ですから、それはそれはきちんと作られていてます。淡々としかも飽きさせぬ適度な抑揚で進行するドラマにはグイグイと引き込まれ、ちょっとの笑いと少しの涙と共に「武士の誇り」の気高さと切なさを映し出した良き映画を充分楽しませてもらいました。


主人公を演じる木村拓哉というひとは、その存在感が際立つためかあるいは見る側の妙な偏見もあるか、多少の違和感を感じてしまったのは私だけででしょうか。三村新之丞というひとりの下級武士がそこにいるというよりも「スターの木村拓哉」がスクリーンの中に入り込んでいるような感じ・・というのでしょうか? でも、そういうのも映画の楽しみの一つなのかも知れないとも思えるし、抑えた演技も良かったと思います。
派手なアクション作品ではなく地味な時代劇の世界に、若い人を呼び込んだという実績も大きいのではないでしょうか。


それにしても、この時代劇3部作のすべてに田舎侍役で登場している小林稔侍というひともすごい人ですね。