読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■落語の蔵・・発見!

落語


国民の皆様のご批判を真摯に受け止めて、人心一新して改革の続行を・・って、いったい何のこと?????意味が分からん。
真摯に受け止めるなら、まずあなたが辞めなさい。辞めないなら、受け止めてとか、真摯にとか、厳格にとか言わずに、もう少しやりまあす。と普通に言え!!!  (当日、さすがに意気消沈したためか、厳粛に受け止めると言うべきところ、厳格に、なんて言っちゃったボクちゃんでした)


もうこの話題は疲れるので、小休止。


先日NHK-BSテレビで古今亭志ん生師匠(故人)の落語2席が放送されました。落語ファンなら誰でもご存知のとおり志ん生さんの映像ソフトは非常に希少であり、この映像は国宝級と言いたくなるほどのものです。出来れば音声を編集してより聞きやすいものにしてくれればもっと良かったですが、とにかく見せて頂けただけで大満足ではあります。たまたま新聞のテレビ欄で見つけて録画できてラッキーでした。


演芸場などに行っても、隣の席のお客が体を動かしたりするクセがあったり、妙な笑い方をする人だったり、やたらと咳払いを連発する、などということがあると気になって仕方が無いという難儀な性質の私は、ライブ客に向いていません。したがって、落語の鑑賞も基本的にCDやDVDを聞いたり見たりが中心です。地元の図書館に置いてある落語のCDやテープはほとんど借りてしまったし、宴会の回数を制限してはソフトを買い込むことになりますが、大好きな志ん朝師匠のCDは市販されている全てを買ってしまいましたし、志ん生師匠もほとんど聞いてしまってあらたな音源を見つけるのはほぼ限界です。


CD1枚買えば概ね2千円以上しますし、聞いてみないと本当に良い(気に入る)高座かどうか分からないことでもあり、もう少し気軽に聞ける方法はないのだろうかと思っていたところ、最近見つけたのが文化放送の落語専門サイト「落語の蔵」です。
文化放送のラジオ番組で過去に放送された音源を中心に大量の演目が用意され、音声ファイルをダウンロードすることが出来ます。志ん生、可楽、金馬、小さん、その他ベテランから若手までかなりの演目がMP3ファイルで用意されています。


もちろん有料ですが、例えば当世人気噺家筆頭の立川志の輔師匠の約30分の高座が500円未満でダウンロードできるので、ファンには実に有難いサービスだと思います。よほどの古い時代の音源は別として、60分ほどの落語のCD1枚買えば大体2000円はしますので、この価格はリーズナブルと感じます。音声ファイルのダウンロードなど不得意な人のことを考慮したのか、お好みの演目を選んでCDにして送ってもらえるサービスも用意されています。文化放送に感謝したいですねえ。
この流れが拡がって、TBS、ニッポン放送、NHKも同様のサイトを立ち上げてくれると本当に嬉しいのですが、どうでしょう。


     【落語の蔵】はこちらですよ。