読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■参院選の不思議


大方の予想をさらに上回る自民党の惨敗となった参院選でありました。現政権を支持する人にとっては苦々しい結果なのでしょうが、そういう人たちですら、自民大敗決定直後の最高責任者の居直り宣言には首を傾げているんではないでしょうか。


しかしながら、すでに浸水が進み船体が大きく傾いて沈没寸前となっている船の船長を引き受けるような人はいないのでしょうから、居座りを決め込んでくれるほうが皆のためなのかも知れません。自民党各派閥間の政局がらみの読み合いや、今後の民主党との連携へ向けた水面下の根回しやら、とにかく今は冷静に様子を見るべき時なのであって、今この時点で早急に動くことは得策ではないと考えるのが普通なのでしょう。


それにしても今回の選挙では結構面白いことが多いですねえ。
「大敗の責任は総理である私にあります。」との発言の直後に
「道半ばの改革、国づくりを進めてゆくことで責任を全うする」
という前段と後半がどう繋がっているのかまるで分けの分からぬ文脈を平気で口にする首相の不思議。


選挙運動中は「日本のリーダーにふさわしいのは小沢さんなのか、私なのか、それを決める選挙なんです」と叫んでいたにも拘らず、大敗した直後に「基本的な方針については支持して頂いていると考えます」なあんておっしゃる首相の不思議。
その根拠は? と問われた首相は「遊説中の皆様の反応でそれを感じた」と答えてました。はああああ?


ここ数年間投票に行っていなかった(民主主義の基本理念を軽んじていると思われる)ようなひとに70万人近くもが投票して、しかもなんと現職の先輩を押し出して当選してしまう不思議。


それにしても「反省すべきは反省し」とか「厳しいご批判を厳粛に受け止めて」とか言っていることの意味が分からないのは困ったものです。

「年金問題は何十年も前からの歴代の政権の責任だ」・・・ボクは悪くない!
「閣僚の軽率発言が頻発したから負けたんだ」・・・ボクは悪くない!
「小泉さんみたいな変人の後だから曖昧さが目立っちゃうんだ」・・・ボクは悪くない!
「格差拡大は小泉さんと、それを指示した国民の選択だ」・・・ボクは悪くない!
ボクは悪くないんだから、辞めないんだ!!!


って叫んだほうが分かりやすくてイイと思いますが・・・・。



まことにミステリアスであります。