読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■あと5日あります!

日常

期日前投票」前回より5割増 投票日1週間前
総務省は23日、参院選の期日前投票状況を発表した。投票日1週間前の22日現在で、全国の投票者数(選挙区)は399万9300人で、前回2004年の同時期に比べて53・58%増となった。2週間前現在の投票者数は前回比10・46%増で、この1週間で伸び率は43・12ポイント拡大した。
従来の不在者投票に比べて手続きが簡素化された期日前投票制度が導入されてから、今回が3回目の国政選挙。有権者の出足が好調な理由について、同省は「投票日が学校の夏休みに重なったことに加え、制度が周知されてきた」とみているが、年金問題などが争点となっている参院選への有権者の関心の高さもあるとみられる。 (24日 サンケイ)


ということです。何かを動かそうと思うなら、多少なりとも投票率が上がりそうなこの流れのときに、その流れを後押しする行動をとらなければ当分動きはなくなるでしょう。そうなればおそらく、小さな福祉へ、社会保障縮小へ、アメリカ追随へ、格差拡大へ、金が金を生む経済へ、マイノリティ疎外へ、地方切捨てへ・・・・また一歩進むでしょう。


今の流れを変えたくない人たちも危機感を持っていますから、今回は行くでしょう。動かしたいと思っている人が投票に行かないと言うことは、動かしたくないひとの後押しをすることと同義です。
そこのところどうか良く考えて、とにもかくにも投票に行きましょう。国政への意思表示を出来るチャンスはあと5日です。


どんな流れになるにしても、投票率80%が民主国家の最低線ではないでしょうか。
周りに迷っている人がいたら是非声を掛けましょう。「みんなで投票に行きましょう!!」