読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■うらの裏はやっぱりウラ?

世の中
  • 八百長報道で追加提訴へ=相撲協会
  • 衝撃会見!早大部員裏金知っていた
  • 人事介入問題で竹田会長が陳謝 JOC幹部会
  • 光熱水費、衆参45議員が計上・年100万円超も
  • 取水量データ改ざん 641発電所で判明
  • 志賀原発1号機、総点検で停止〜臨界事故隠ぺい問題
  • TBSがネット掲示板“捏造” 「誤解招く表現だった」
  • タミフル研究者に販売元が1千万円寄付
  • トップ引責 発展も 日本興亜東京海上日動 『過少申告』に批判
  • 森永との株持ち合い解消 不二家、山崎パンと提携で
  • 改正官製談合防止法施行と統一地方選が“土建国家”を打ち崩す
  • 北朝鮮金融制裁、事実上の解除・米財務省が最終決定発表


以上はここ2週間あまりの間に報道された互いに特に関連のないニュース記事見出しを羅列したものです。すべては日常的に行われていてもすべて「ウラ」に隠れていて表には出てこなかったものばかりです。こうして眺めてみると、ありとあらゆる分野、あらゆるレベルで「ウラ」の出来事、「ウラ」のしきたりなどが存在しているらしいことがわかりますね。
世の中のことの80%は「ウラで決まっている」なんていうことが真実のように思えてしまうほどですね。


さて、先日話題となったこのニュース・・・

7日の報道⇒

東証、日興上場廃止9日に決定へ
 東京証券取引所は6日、日興コーディアルグループ株の上場廃止を9日に決定する方針を固めた。昨年12月に発覚した不正会計が悪質で組織的だと判断した。決定後は1カ月間、整理ポストに割り当てられ、4月前半に上場廃止となる。
 日興は昨年12月、投資子会社を使い2005年3月期決算で利益を水増ししていたと発表。これを受け東証は同月18日、日興株を上場廃止の可能性を周知する監理ポストに割り当てた。 (07:02)


14日の報道⇒

日興上場廃止せず/東証の決定に説得力は乏しい
 不正な利益水増し事件を起こした日興コーディアルグループの株式について、東京証券取引所は、上場廃止処分にはしないことにした。おもな理由は、赤字を黒字と偽るのとは違うことや利益の水増し額がさほど大きくはないと判断したことで、上場廃止という重い処分には当たらないとした。
 日興コーディアルグループや株主、同株の売買を意図する投資家ならびに主取引先は、これでほっとしたに違いない。だが、上場廃止見送り処分が本当にこれでいいのか、小さくはない疑問が残る。


このウラにはどのような動きがあったのでしょうか?
そして、どのようなことがウラで決められてゆくのでしょうか?
表に住む我々には一切うかがい知ることはできません。