読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■吉祥寺

日常

f:id:fpclu:20090619080415j:image]



仕事仲間のK氏と、打ち合わせを兼ねて吉祥寺で会食。
最近気に入っている北口「ハモニカ横丁」の立ち飲み屋さんの脇を抜け、有名なお肉屋さん「サトウ」のメンチカツを求めて並ぶ50人ほどの行列を観察しつつ少し歩いて、はじめに入ったお店は英国パブ「HUB」というお店でした。


ビールと洋酒と洋食おつまみを中心にして、大画面テレビでサッカーの試合観戦などしながらワイワイやるというキャッシュ・オン・デリバリー式のお店です。ワールドカップの時期などは大変な盛況ぶりで、整理券が出たり、前売りなどもやるのだそうです。
今日は中継などは無かったので店は空いておりました。


1時間ほどでそこを後にし、2件目はウイスキーボトルの期限が迫る「スクラッチ」。
ここはジャズ批評で知られる寺島靖国氏がオーナーのジャズ・バーで、私は20年ほど前から時々ボトルを置いています。お客の出足が遅い店で、6時〜7時くらいに行けばいつも好きな席に座れるので助かります。
つまみはピザだけ、ボトルの中身は8割ほど残っていたため、新規ボトルは入れないで済んでしまい、料金は2人でなんと3600円、安いでしょ。


たっぷり飲んで語り合い(打ち合わせです)、駅に向かって歩いていたのですが、気がつくとどうした訳か例の「ハモニカ横丁」の立ち飲み屋さんの店先に2人とも佇んでしまっていたのです。 仕方が無いので、お酒とビールと串焼きで最終の打ち合わせを続行。
ようやく終了して吉祥寺でJRに乗ったのが確か10時過ぎでした。


お酒好きのひととの打ち合わせは、なかなか大変なものです。
こういうのはひと月にせいぜ1〜2回のことなので、まあいいでしょう。
大昔の高校時代は通学の乗換駅、社会人になってからはデートコース、妻に結婚の申込みをしたのもこの街です。
吉祥寺は私にとっては大変居心地の良い街です。これからもよろしく、と言った感じです。


メンチカツ、食べてみたいなあ。