読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

③生命保険に革命を!

元・外資系生保マンの追憶

2時間あまりの説明会(というよりお見合いでしょうか)を3回行うCIPでは日本の生命保険営業現場の実情や、それに対して新興弱小(当時は)の外資系生保がどのような手法でシェアを拡大しつつあるのか、当社の営業マンの仕事にはどんな意義があるのか、この世界に足を踏み入れた者たちはどのように日々を送っているのか、成果主義の報酬体系の現実はどうか・・・淡々と語られるその内容に驚きと不安と期待を同時に感じながら耳を傾けていました。


淡々と、と表現しましたがその中身には大いなる熱意がこもっていました。
また、この仕事は単なるお金儲けなのではなく、人々に真に役に立つ合理的な生命保険を提供することであり、保険業界においての革命的な仕事でもある、という理念が熱く語られてもいたのです。そうした、仕事の価値、働き甲斐ということも私の心を揺さぶっていました。


おれは本当に転職などという大胆なことをやってしまえるのだろうか、保険の営業なんて本当にできるだろうか、成功報酬の制度の中で果たしてずっとやっていけるのだろうか、この人達の言葉は真実なのだろうか・・・初の面談から3回目のCIPまで、ゆれる心で過ごしたこの約1ヶ月が、目立たないひとりのサラリーマンの人生の転機となったのですね。
(続きます)