読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■人生相談の技術

仕事

車での移動中などにラジオを聴く機会が多いのですが、どのラジオ局(但しAM)でも必ず一日一回放送されている番組のひとつに「人生相談」があります。
この番組は私のように相談を職業とする者にとっては大変勉強になります。


ライフプランの相談でも、子育てのこととか親子関係とか、夫婦の問題などの個々の事情についての考え方や意向が将来の設計に関わってくることがあるので、ただ金融商品の特徴を比較するだけと言うわけには行きません。ライフプラン相談には「人生相談」を受ける覚悟も必要と考えています。


ラジオの人生相談を聞いていると、親子関係、男女関係、恋愛、離婚、親戚付き合い、友人関係、仕事の悩み、借金の問題などなど、実に様々な悩みがあることを知らされます。

なかには「どうしてこんなことをいちいち他人に相談などするだろうか」と思うような時もありますが、個人的な事情を聞いてもらえる友人がいなかったり、どこへ相談すべき問題なのかも自分では見当が付かないなど、人にはそれこそ色々と事情があるのでしょう。


最近感心しながら聞いているのは日替わりで担当者が替わるTBSラジオ、悠々ワイドの中の人生相談、中でも特に山本晋也、吉永みちこの両氏のです。
両氏とも豊富な人生経験の蓄積から、想像力と洞察力と人間愛に基づいて、大変に適確でかつ分かりやすく、相談者に指針を示しています。


多くの相談ごとは「心」の問題、「気持ちの持ち方」の問題であり、彼らは相談者の気持ちを鑑みながらもその関係する人達の心と気持ちを視野に入れた上での解決策や、考え方を提示しています。ある意味で「人間関係の達人」とも言いたくなるような本当に素晴らしい受け答えぶりです。


私も社会人になって30年ほどになる、まあ良い歳になりつつありますので、彼らのように信頼すべき相談相手となれるように更に精進して行きたいと思っています。
同じ人生相談の回答者でも、もと大物漫才コンビのマネージャーということで有名なKさんは、かなり無責任且つあまり役に立つとは思えない回答が目立つように私には思えます。
相談の受け方をだれかに相談した方が良いのでは・・・・
どうして相談員になっているのかが不思議ですが、まあ業界内の事情が色々とあるのでしょう。