読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■プリンターのランニングコスト

パソコンを使い始めてからほぼ14年くらいになりますが、自宅と仕事場との2箇所で使っていたこともあって、購入したパソコンの台数はデスクトップとノートを合わせて累計10台になります。
プリンターも累計で6台目ですので、思えばかなりの投資をしてきたわけで、ちょっとビックリですね。


現在使用中のPC用プリンターはインクジェットタイプの複合機です。インクジェットプリンターはここ数年かなり安価になってきています。
カラー写真の印刷をあまり必要とせず、ほとんどがモノクロ文字印刷なので安いもので十分なので、今使っているHP製のプリンターもヤマダ電機で1万2千円くらいで買ったものです。


しかし、プリンターのコストは本体価格よりもインクカートリッジの方が問題です。
アマゾンのマーケットプレイスで運がよければ1500円くらいで買えることもありますが、通常は安くても2400円、ヤマダ電機でも2700円です。この1年間で3回交換をしたので、すでに8千円近くになっているのですから、今年中にはもう一台本体を買えるだけのお金が掛かってしまうでしょう。


HP製のカートリッジ用の詰め替えインクを使ったことがあるのですが、本体に器具で穴を開ける必要があったりして、どうも上手く出来ません。今は諦めて純正のカートリッジを素直に購入しています。
省スペースとインク消費量の少なさで選んだ機種なのですが、今度プリンターを買い換えるときは、詰め替えインクが安く手に入り、インク充填も簡単である機種を選ぶことにしようと思います。