読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

医療保障の追加相談

保険 ライフプラン

契約後3年経過したお客様のリクエストにより、医療保障アップの相談に出向きました。
契約中の医療保険は保険料60歳払いの終身医療保険で入院保障は日額5千円ですが、これを1万円に増額することを検討したいという主旨のご相談です


ご提示した追加保険提案にはほぼ同じ保障内容で保険料が1割ほど割安の保険が含まれます。 何故そんなことになるかというと、現状の保険の契約後1年半経過した時点で他社が新たな医療保険を新発売しており、今回ご提示したのはその新商品での設計なのです。


損害保険会社が算入したり、外資系生保が少しづつシェアを伸ばす中で医療保険の分野は激しい競争時代に入っているため、数年前より有利な保険が登場することもあり得ることなのです。 とは言え、保障内容や条件などが全く同等なのに新商品の方が保険料が安いとは限らず、一長一短の面もあるので、一概に新用品が有利とはいい切れません。
今日の打ち合わせではどうするかの結論には至らず、暫く検討するということになりました。


医療保険の条件は、保障期間、保険料払い込み期間、一入院の保障限度、通算保障限度、死亡保障の金額、解約返戻金の有無、などなど、様々な選択肢があるので、そう簡単には決められない場合もあります。
最終的にはご本人の決断を待つしかありませんが、これだけ選択肢が増えてくると、アドバイスする方としても、医療制度の変容とか、治療現場の実態などを含めた周辺知識・情報を持っていなければ適切な判断材料を提供することができません。

アドバイザーとしての常なる研鑽の必要性をまた自覚することなりました。
それにしても医療保険はお手軽に見えて、結構奥が深いものなのです。
なかなか手軽にガッチリとはいかないものであります。

◆ライフプラン工房も覗いてみる◆