読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独立FPの独白ブログ

この世界を少しでも美しい姿で後世に引き継ぎたい!

■人生は今日がはじまり

人生は今日が始まり、昨日まではリハーサル。 知る人ぞ知る田中真澄氏の名台詞です。
ブログを始めるに当たって、思いついたのがこの言葉でした。


脱サラして保険営業の世界に飛び込んで以来、自己啓発セミナーに通いつめた経験はないものの、単発セミナーの受講歴ならおそらく10数回、購入したカセットテープの類は数10本、自己啓発関連本は多分20冊前後は読んでいます。
学んだ事は数知れずありますが、人生で大切なことというのを私なりにひとことで言って見るなら、「より良い人生を生きるためにはすべて自分で考えて自分で決めよう」 ということでしょうか。


ひょんなことから自己啓発ビジネス(有名セミナー会社)の販売代理店をしているという女性から、2時間ほど話を聞いたことがあるのですが、その時私は大いに失望したものです。
なぜなら、その女史の話す事というのは結局のところ会社から習ったセールストークを少しだけアレンジした位のものであって、とてもじゃないがその人の実体験をその人自身の言葉で語っているとは、全く感じられなかったからです。
(それに、驚くべき事に「PMA」という言葉をあのひとは知らなかった・・・・。)
日々自己啓発しているひとなら、少なくとも自己の考えに基づいて自分の言葉で語ってみなさいよ、って言うことですよね、実際あのときは本当にがっかりした。


最近はグーグルなどで検索をすると、かなりの割合で誰かのブログ記事が引っかかりますね。 リンクから入ってゆくと、とんでもなく偏見に満ちた((・・ように感じられる))ひとりとごとであったり、まことに適確で正確なしかも親切な分かりやすい情報であったりして、色々です。
情報の良し悪しはきっとかなり開きがあるとは思いますが、多くの人達が自分の言葉で自分の考えをひろく世間に向かって発信する、ということは大変良いことなのではないかと思うのです。


日本人は単一民族であり、国境紛争の経験が無く、大衆革命の歴史を持たず、異なる意見を語り合い議論を戦わす習慣が市民レベルではあまりありません。または慣れていません。
人は皆、それぞれ色んな考え方をしているのが当然なのであって、意見の異なる者同士であっても友達でいられるということを腹の底から理解できる人はまだ少ないのでは、と思うことが多いのです。だから、なにかひとつの方向に動き出すと、みんなが一斉に同じ方向に向かってしまうのでしょう。


ひとそれぞれにいろんな考え方があるのだということを、本当に理解しておかない事には、個人個人の人生設計のお手伝いするファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は本来立ち行かないはずです。
私のウエブサイトも言ってみれば自分の考えを一方的に述べ立てるだけの場です。
このブログで考える事を発信してみて、一体誰が見てくれて、どれだけ反応があるものなのか見当もつきませんが、ちょっとやってみようかな、というのが今の心境です。
人様の意見を目にし、自分の偏狭な考えを改める事になったり、ちょっとは幅のある大人になれたりするのかも知れん、と思ったりするのであります。


過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる・・・・・・・・ですから。
あ〜あ、ダラダラの長文だなあ、明日からは、もっとすっきりした短文で行こう。
人生は明日が始まり・・・か?